UVクリームのSPFってどんな意味があるのか

UVクリームのSPFってどんな意味があるのか

紫外線は、人間の骨が生成される際に必要な役割を果たすと言う一面があります。
しかしそのために必要な照射量は、1日あたりたったの15分程度と言われています。
それ以上の時間、日光などに含まれている紫外線を浴びることは、活性酸素の発生、増加を促進させ、逆に体にとっては良くない作用をもたらすとされています。
特に肌の健康を考えた時には、紫外線の浴び過ぎは、たるみやシミ発生の大きな原因であることは明らかになっていますから、年間を通じてこれを予防することは非常に重要です。
そのためには、塗るだけで手軽に紫外線を予防できるUVクリームの活用がおすすめです。